着物を正しく着こなす

意外や意外!着物と素材の意外な関係が判明

着物を着た時、和服美人と言われるようなメイクとは

成人式などの晴れの舞台で、着物を着る人も多いのではないでしょうか。
しかし最近では着物を着る機会もめっきり減ってしまった為、どのようなメイクをすればよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。
洋服の場合は、目をはっきり大きく小顔に見せることが良いとされていますが、それは西洋人は目鼻立ちがしっかりしており、顔が小さいのが特徴でそれに合わせて作られている為です。
一方和服の場合は、日本人に合うよう服を作るため、同じようなメイクをしていては、服と顔のバランスが取れません。
ではどのようなメイクがよいのでしょうか。
まずポイントとしては、眉と唇です。
眉は短めでやや太く書き、唇ははっきりとした色を使うと良いのですが、真っ赤なルージュなどだと、さすがに抵抗のある人もいるかもしれません。
そのような場合は、少し濃いめのピンクなどでもきれいに見えます。
目元パッチリつけまつげなどは付けず、気持ち細長くなるよう意識し、アイライン・アイシャドウ・マスカラをつけると良いです。
上記の点を少し意識するだけで、和服美人にぐっと近づける為、着物を着る機会があれば実践してみてはいかがでしょうか。

"

着物をおしゃれに見せるメイクとは

今や着物は年配の人だけでなく、おしゃれを楽しむ若者にも人気のファッションになっています。
日本古来のものですが、今風にアレンジして着こなしている人も多く、合わせる髪型やメイクで変化を付けというのも定番です。
かしこまった場面の場合は、ナチュラルな雰囲気の化粧が基本ですが、チークやリップをカラフルなものにするとモダンな雰囲気を演出することが出来ます。
ぷっくりとした色味の強い唇は着物との相性がよいので、定番の赤リップやラメなしのグロスなどがおすすめ。
着ている色とあわせて赤系、ピンク系、オレンジ系などニュアンスを楽しんでも良いでしょう。
また、普段茶系のアイブロウを使っている人が多いですが、和装のときはグレイ系のアイブロウで太めに眉を引くときりりとしたやまとなでしこ風のメイクになります。
チークは濃すぎると浮いてしまうので、発色のよいのものをあまり広範囲にならないようにちょんちょんとつけるとバランスがよくなります。

2015/11/16 更新