着物を正しく着こなす

意外や意外!着物と素材の意外な関係が判明

着物の着付けが出来ると和服を楽しめる機会が増えます

着物と言えば、普段着る機会がなく箪笥に眠っていることが多いのではないでしょうか。
和服は正装のイメージが強いと言うのも一つの要因でしょう。
振袖や留袖、訪問着などは正装ですが、絣や付下げなどは普段に着る機会があります。
もっと気軽に着れるのは浴衣でしょう。
しかし、どれも着付けを頼むとなると結婚式や成人式など、特別な日の為だけになりがちです。
自分で着付けができれば、もっと気軽に着物を楽しめます。
最近では便利な小物があり、着付けが楽にできるようになっています。
紐の代わりにゴムベルトで簡単に止める事ができますし、沢山の紐を使用しないので、着ていても締め付け感がなく動きやすさに繋がります。
帯を結ぶのも大変なイメージがありますが、簡単に結べる道具がありますので利用されると、楽に結ぶことができ、最近では変わり結びもあるので堅苦しく考えず楽しめます。
せっかく日本の文化として伝わっている和服ですから、着る機会を増やしてみてはいかがでしょうか。

0から始める着物の着付け

着物を着てみたいと思っていても、着付けは難しいから自分には無理だと諦めていませんか。
確かに、初めて着る人にとっては難しいと感じる点もあるかもしれません。
ですが無理と決めつけていると、予想以上に難しく感じてしまうこともあります。
まずは難しいという固定概念を取って、どのようなものなのか知ってみることも大切です。
本格的に着付けを勉強したいという場合であれば、教室に通うこともできます。
ですが、いきなり教室に通うのは敷居が高いという場合は、体験コースに参加してみるのはいかがでしょうか。
1回から数回の体験をお得な値段で体験できます。
場合によっては、無料で体験できる教室もあります。
ちょっとだけやってみたいという方や、教室に通うか迷っている人にとってはお試しで通うことで、入り口の部分を手軽に学ぶことができます。
着物の着付けは、最初は誰だって0から始める初心者です。
まずはどんな世界なのか、入り口を知っておくことで、自分の視野を広げることにも繋がります。

最終更新日:2016/8/24