着物を正しく着こなす

意外や意外!着物と素材の意外な関係が判明

着物に合う髪型について

着物に合う髪型としては、まずは、束ねるタイプです。
長い髪でも良いですが、それを纏めて、簪をつけるなんてことをすれば、とても風雅に見えます。
男性の場合は短髪がよいですから、そこは覚えておくことです。
和服というのは、意外なほど洋服に合う髪型にも対応しています。
但し、あまり派手な色の髪はそんなによくないです。
最近ではかなり派手な色の髪の人も増えていますが、やり方によっては着物にも非常に合いますから、コーディネート次第であるといえます。
ちなみに何か慶事なり弔事で和服を着るときには、美容室に行く人も多いですが、それは正しい行動です。
何しろ、綺麗に櫛で髪をとかして、艶を出すことが難しいですから、美容室にいったほうが手っ取り早いです。
但し、お金がかかることになりますから、どうしてもそれができない人は自力でやることになります。
言うまでもありませんが、着物にも状況に合わせて、しっかりと髪型を変える必要はあります。

着物にぴったりな髪型について

着物や振袖といった和装の際には、上品な髪型にするのがおすすめです。
まず定番として多いのが夜会巻きです。
和装とのバランスがよく、うなじが綺麗に見えるためとても上品になります。
おくれ毛などにも注意してまとめるとより上品になり、ゆったりと前髪を流すと女性らしさがより出ます。
夜会巻きの特徴である丸いシルエットは、どの角度からでも美しくみえるのが特徴です。
ヘアアクセサリーも使いやすいので、アレンジするとより華やかになります。
次に長い髪でも短い髪でも、着物に合うまとめ髪があります。
まとめ髪もアレンジがしやすく、フィンガーウェーブなどを加えると上品になります。
髪が短い方もアクセサリーを使うと、印象が変わります。
髪を編みこむとボリュームがでて、顔の周りの毛を残すことで小顔に見える効果も期待できます。
このような髪型して自分なりのアレンジをしていくことで、大人っぽく上品に仕上げたり、華やかな見た目にすることが可能です。

Last update:2016/5/26